メインページ | ネームスペース一覧 | クラス階層 | 構成 | Directories | ファイル一覧 | 構成メンバ | ファイルメンバ

クラス BeanUtils

すべてのメンバ一覧

Public メソッド

 getAttributes (&$instance)
 指定されたクラスから属性を取得
 getVars (&$instance)
 渡されたクラスの変数を返却.
 getGetterVars (&$instance)
 渡されたクラスのgetterがある変数を返却.
 getSetterVars (&$instance)
 渡されたクラスのsetterがある変数を返却.
 toArray (&$values, &$result, &$parent, $escape=true)
 オブジェクトを配列化する(合わせてエスケープ処理をする)

Static Public メソッド

 setAttributes (&$instance, $attributes, $checkNull=false)
 渡されたクラスに属性をセット.
 getMethods (&$instance, $prefix)
 指定された文字で始まるメソッド名のリストを返却

Public 変数

 $_pool = array()

関数

BeanUtils::getAttributes &$  instance  ) 
 

指定されたクラスから属性を取得

引数:
Object $instance 属性をセットするクラスのインスタンス
戻り値:
array 属性の値(配列) public
から:
3.0.0

BeanUtils.class.php45 行で定義されています。

参照先 getGetterVars().

関数の呼び出しグラフ:

BeanUtils::getGetterVars &$  instance  ) 
 

渡されたクラスのgetterがある変数を返却.

引数:
Object $instance クラスのインスタンス public
から:
3.0.0

BeanUtils.class.php128 行で定義されています。

参照先 getMethods().

参照元 getAttributes().

関数の呼び出しグラフ:

BeanUtils::getMethods &$  instance,
prefix
[static]
 

指定された文字で始まるメソッド名のリストを返却

引数:
Object $instanse クラスのインスタンス
string $prefix 取得するメソッド名のプレフィックス
戻り値:
array メソッド名のリスト public

BeanUtils.class.php154 行で定義されています。

参照先 getVars().

参照元 getGetterVars(), と getSetterVars().

関数の呼び出しグラフ:

BeanUtils::getSetterVars &$  instance  ) 
 

渡されたクラスのsetterがある変数を返却.

引数:
Object $instance クラスのインスタンス public
から:
3.0.0

BeanUtils.class.php140 行で定義されています。

参照先 getMethods().

関数の呼び出しグラフ:

BeanUtils::getVars &$  instance  ) 
 

渡されたクラスの変数を返却.

引数:
Object $instance クラスのインスタンス public
から:
3.0.0

BeanUtils.class.php110 行で定義されています。

参照元 getMethods().

BeanUtils::setAttributes &$  instance,
attributes,
checkNull = false
[static]
 

渡されたクラスに属性をセット.

引数:
Object $instance クラスのインスタンス
array $attributes 属性の値(配列)
boolean $nullCheck 上書き時にnullかどうかをチェックするか? public
から:
3.0.0
作者:
Hawk

BeanUtils.class.php74 行で定義されています。

参照元 Filter_InjectSession::execute(), Filter_InjectRequest::execute(), Filter_Action::execute(), と DIContainer::setAttributes().

BeanUtils::toArray &$  values,
&$  result,
&$  parent,
escape = true
 

オブジェクトを配列化する(合わせてエスケープ処理をする)

引数:
array $values 対象となる配列
array $result 処理結果
array $parent 親クラス

BeanUtils.class.php179 行で定義されています。


変数

BeanUtils::$_pool = array()
 

BeanUtils.class.php35 行で定義されています。


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
Mapleに対してTue Jan 30 08:50:03 2007に生成されました。  doxygen 1.3.9.1