メインページ | ネームスペース一覧 | クラス階層 | 構成 | Directories | ファイル一覧 | 構成メンバ | ファイルメンバ

クラス ConfigUtils

すべてのメンバ一覧

Public メソッド

 ConfigUtils ()
 コンストラクター
 clear ()
 設定情報をクリア.
 _getPreserved ($key)
 一時保存された情報を取得する 存在しない場合は空の配列を返す
 _preserve ($key, $values)
 設定情報を一時的に保存する.
 _mergeOrPreserve ($key, $values)
 既に追加されている場合はマージ、 そうでなければ一時保存
 _mergeOrAdd ($key, $values)
 既に追加されていたらマージ、 そうでなければ新規追加
 readSimpleConfig ($config, $keys=null)
 シンプルに設定を読み込む オプションで読み込むキーを指定することができる
 readConfig ($config, $isDeepest)
 GlobalFilterの処理も含め、 最下層かどうかも加味して、設定を読み込む.
 readConfigFile ($filename, $isDeepest)
 設定ファイルを読み込む.
 readConfigFiles ($actionName, $readerFunc='readConfigFile')
 アクションに対する全ての設定ファイルを読み込む Debugフィルタは最初に、 Actionフィルタは最後に登録する
 execute ()
 設定ファイルを読み込む.
 _isActionFilter ($key)
 Actionフィルタの一種か調べる.
getConfig ()
 セクションの設定情報を返却
getSectionConfig ($section)
 指定されたセクションの設定情報を返却

Public 変数

 $_config
 $_configPool
 $_actionKey

コンストラクタとデストラクタ

ConfigUtils::ConfigUtils  ) 
 

コンストラクター

public

から:
3.0.0

ConfigUtils.class.php67 行で定義されています。


関数

ConfigUtils::_getPreserved key  ) 
 

一時保存された情報を取得する 存在しない場合は空の配列を返す

から:
3.2.0
引数:
String $key
戻り値:
array

ConfigUtils.class.php93 行で定義されています。

ConfigUtils::_isActionFilter key  ) 
 

Actionフィルタの一種か調べる.

から:
3.2.0
引数:
String $key
戻り値:
boolean

ConfigUtils.class.php292 行で定義されています。

ConfigUtils::_mergeOrAdd key,
values
 

既に追加されていたらマージ、 そうでなければ新規追加

から:
3.2.0
引数:
String $key
array $values

ConfigUtils.class.php138 行で定義されています。

ConfigUtils::_mergeOrPreserve key,
values
 

既に追加されている場合はマージ、 そうでなければ一時保存

から:
3.2.0
引数:
String $key
array $values

ConfigUtils.class.php121 行で定義されています。

ConfigUtils::_preserve key,
values
 

設定情報を一時的に保存する.

から:
3.2.0
引数:
String $key
array $values

ConfigUtils.class.php105 行で定義されています。

ConfigUtils::clear  ) 
 

設定情報をクリア.

public

から:
3.0.0

ConfigUtils.class.php78 行で定義されています。

ConfigUtils::execute  ) 
 

設定ファイルを読み込む.

public

から:
3.0.0

ConfigUtils.class.php277 行で定義されています。

参照先 DIContainerFactory::getContainer().

関数の呼び出しグラフ:

& ConfigUtils::getConfig  ) 
 

セクションの設定情報を返却

戻り値:
array セクションの設定情報の配列 public
から:
3.0.0

ConfigUtils.class.php304 行で定義されています。

& ConfigUtils::getSectionConfig section  ) 
 

指定されたセクションの設定情報を返却

引数:
string $section セクション名
戻り値:
array 設定情報の配列 public
から:
3.0.0

ConfigUtils.class.php317 行で定義されています。

ConfigUtils::readConfig config,
isDeepest
 

GlobalFilterの処理も含め、 最下層かどうかも加味して、設定を読み込む.

このメソッドではActionフィルタは一時保存されるだけで 登録されない

から:
3.2.0
引数:
array $config
boolean $isDeepest

ConfigUtils.class.php191 行で定義されています。

ConfigUtils::readConfigFile filename,
isDeepest
 

設定ファイルを読み込む.

このメソッドではActionフィルタは一時保存されるだけで 登録されない

から:
3.2.0
引数:
String $filename
boolean $isDeepest

ConfigUtils.class.php225 行で定義されています。

ConfigUtils::readConfigFiles actionName,
readerFunc = 'readConfigFile'
 

アクションに対する全ての設定ファイルを読み込む Debugフィルタは最初に、 Actionフィルタは最後に登録する

$readerFuncはテスタビリティのための存在

から:
3.2.0
引数:
String $actionName
array or string $readerFunc

ConfigUtils.class.php248 行で定義されています。

ConfigUtils::readSimpleConfig config,
keys = null
 

シンプルに設定を読み込む オプションで読み込むキーを指定することができる

このメソッドではActionフィルタは一時保存されるだけで 登録されない

から:
3.2.0
引数:
array $config
array $keys [optional] keys to be read

ConfigUtils.class.php160 行で定義されています。


変数

ConfigUtils::$_actionKey
 

ConfigUtils.class.php59 行で定義されています。

ConfigUtils::$_config
 

ConfigUtils.class.php43 行で定義されています。

ConfigUtils::$_configPool
 

ConfigUtils.class.php51 行で定義されています。


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
Mapleに対してTue Jan 30 08:50:05 2007に生成されました。  doxygen 1.3.9.1