メインページ | ネームスペース一覧 | クラス階層 | 構成 | Directories | ファイル一覧 | 構成メンバ | ファイルメンバ

クラス DumpHelper

すべてのメンバ一覧

Public メソッド

 DumpHelper ()
 コンストラクタ
 isReference (&$first, &$second)
 SimpleTest http://www.lastcraft.com/unit_test_documentation.php.
 removeCircularReference (&$var)
 $var から循環参照を取り除いたものを返す
 _getSubstituteFor ($var)
 循環しているobject or arrayの代替表現を返す
 reset ()
 スタックをリセットする 厳密には処理が終わった時点でスタックは空になっているはずだが 念のため
 _push (&$var)
 参照$varをスタックに積む 既にスタック内に同一の参照が存在する場合、 スタックには積まずfalseを返す
 _pop ()
 スタックから参照を取り除く

Public 変数

 $_refStack
 $_isPHP5

コンストラクタとデストラクタ

DumpHelper::DumpHelper  ) 
 

コンストラクタ

public

DumpHelper.class.php52 行で定義されています。


関数

DumpHelper::_getSubstituteFor var  ) 
 

循環しているobject or arrayの代替表現を返す

protected

引数:
mixed 
戻り値:
mixed

DumpHelper.class.php131 行で定義されています。

DumpHelper::_pop  ) 
 

スタックから参照を取り除く

access private

DumpHelper.class.php180 行で定義されています。

DumpHelper::_push &$  var  ) 
 

参照$varをスタックに積む 既にスタック内に同一の参照が存在する場合、 スタックには積まずfalseを返す

引数:
mixed $var
戻り値:
boolean

DumpHelper.class.php162 行で定義されています。

DumpHelper::isReference &$  first,
&$  second
 

SimpleTest http://www.lastcraft.com/unit_test_documentation.php.

assertReference が内部で用いている SimpleTestCompatibility::isReference より

public

引数:
mixed 
mixed 
戻り値:
boolean

DumpHelper.class.php70 行で定義されています。

DumpHelper::removeCircularReference &$  var  ) 
 

$var から循環参照を取り除いたものを返す

public

引数:
mixed 
戻り値:
mixed

DumpHelper.class.php89 行で定義されています。

DumpHelper::reset  ) 
 

スタックをリセットする 厳密には処理が終わった時点でスタックは空になっているはずだが 念のため

public

DumpHelper.class.php148 行で定義されています。


変数

DumpHelper::$_isPHP5
 

DumpHelper.class.php44 行で定義されています。

DumpHelper::$_refStack
 

DumpHelper.class.php39 行で定義されています。


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
Mapleに対してTue Jan 30 08:50:07 2007に生成されました。  doxygen 1.3.9.1