メインページ | ネームスペース一覧 | クラス階層 | 構成 | Directories | ファイル一覧 | 構成メンバ | ファイルメンバ

クラス Filter_Debug

Filter_Debugに対する継承グラフ

Inheritance graph
[凡例]
Filter_Debugのコラボレーション図

Collaboration graph
[凡例]
すべてのメンバ一覧

Public メソッド

 Filter_Debug ()
 コンストラクター
 execute ()
 デバッグ情報を表示する
 _isHtmlResponse (&$response)
 ResponseがHTMLだったかどうかを調べる.
 _preFilter ()
 プリフィルター
 _postFilter ()
 ポストフィルター
 addParam ($title, $var)
 デバッグ情報を追加する
 _recursiveEncoding ($var)
 再帰的にエンコードを変更する
 _detectEncoding ($var)
 指定した変数のエンコードを判断して出力エンコードに変更する
 _escapeJavascript ($src)
 Javascript用のエスケープ処理.
 _printDebug ()
 デバッグを表示する

Public 変数

array表示する内容var $_debugs = array()

コンストラクタとデストラクタ

Filter_Debug::Filter_Debug  ) 
 

コンストラクター

public

から:
3.1.0

Filter_Debug.class.php55 行で定義されています。


関数

Filter_Debug::_detectEncoding var  ) 
 

指定した変数のエンコードを判断して出力エンコードに変更する

引数:
string $var 出力文字列

Filter_Debug.class.php205 行で定義されています。

参照元 _recursiveEncoding().

Filter_Debug::_escapeJavascript src  ) 
 

Javascript用のエスケープ処理.

引数:
string $src javascriptソース

Filter_Debug.class.php216 行で定義されています。

Filter_Debug::_isHtmlResponse &$  response  ) 
 

ResponseがHTMLだったかどうかを調べる.

private

引数:
Response $response
戻り値:
boolean

Filter_Debug.class.php90 行で定義されています。

参照元 _postFilter().

Filter_Debug::_postFilter  ) 
 

ポストフィルター

Filter_Debug.class.php110 行で定義されています。

参照先 $GLOBALS, _isHtmlResponse(), _printDebug(), addParam(), と DIContainerFactory::getContainer().

参照元 execute().

関数の呼び出しグラフ:

Filter_Debug::_preFilter  ) 
 

プリフィルター

Filter_Debug.class.php102 行で定義されています。

参照元 execute().

Filter_Debug::_printDebug  ) 
 

デバッグを表示する

Filter_Debug.class.php224 行で定義されています。

参照元 _postFilter().

Filter_Debug::_recursiveEncoding var  ) 
 

再帰的にエンコードを変更する

引数:
mixed $var 出力する内容

Filter_Debug.class.php169 行で定義されています。

参照先 _detectEncoding().

参照元 addParam().

関数の呼び出しグラフ:

Filter_Debug::addParam title,
var
 

デバッグ情報を追加する

引数:
string $title タイトル
mixed $var デバッグ対象の変数

Filter_Debug.class.php157 行で定義されています。

参照先 _recursiveEncoding().

参照元 _postFilter().

関数の呼び出しグラフ:

Filter_Debug::execute  ) 
 

デバッグ情報を表示する

public

から:
3.1.0

Filterを再定義しています。

Filter_Debug.class.php66 行で定義されています。

参照先 _postFilter(), _preFilter(), DIContainerFactory::getContainer(), と LogFactory::getLog().

関数の呼び出しグラフ:


変数

array 表示する内容 var Filter_Debug::$_debugs = array()
 

Filter_Debug.class.php47 行で定義されています。


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
Mapleに対してTue Jan 30 08:50:11 2007に生成されました。  doxygen 1.3.9.1