メインページ | ネームスペース一覧 | クラス階層 | 構成 | Directories | ファイル一覧 | 構成メンバ | ファイルメンバ

クラス Maplex_Generate_Util_File

すべてのメンバ一覧

Public メソッド

 findIncludableFile ($path)
 include_pathからファイルを検索し、絶対パスの形で返す 見つからなかった場合はfalseを返す
 read ($fileName)
 ファイルを読み込む
 append ($fileName, $buf)
 ファイルに追記する
 write ($fileName, $buf, $mode="wb")
 ファイルに書き込む
 makeDir ($dirNames)
 ディレクトリを作成する。
 removeDir ($dirNames)
 ディレクトリを削除する
 ls ($dirName)
 ディレクトリとファイルのリストを取得する
 find ($dirName, $regex="")
 指定したディレクトリのファイルリストを取得する
 findRecursive ($dirName, $regex="")
 指定したディレクトリのファイルリストを取得する
 _makeDir ($dirName)
 ディレクトリを作成する。
 _removeDir ($dirName)
 ディレクトリを削除する
 _addTail ($target, $add)
 文字列の末尾に文字列を追加する.

関数

Maplex_Generate_Util_File::_addTail target,
add
 

文字列の末尾に文字列を追加する.

文字列の後ろが追加する文字列と同じ場合は 何もしません。

引数:
string $target 追加対象の文字列
string $add 追加する文字列
戻り値:
string 変換後の文字列 private

File.class.php324 行で定義されています。

参照元 ls().

Maplex_Generate_Util_File::_makeDir dirName  ) 
 

ディレクトリを作成する。

親ディレクトリがなければ自動的に作成する。

引数:
string $dirName ディレクトリ名 private

File.class.php266 行で定義されています。

参照元 makeDir().

Maplex_Generate_Util_File::_removeDir dirName  ) 
 

ディレクトリを削除する

サブディレクトリがあれば自動的に削除する。 指定したディレクトリ以下のファイルも自動的に削除する。

引数:
string $dirName ディレクトリ名 private

File.class.php288 行で定義されています。

参照先 ls().

参照元 removeDir().

関数の呼び出しグラフ:

Maplex_Generate_Util_File::append fileName,
buf
 

ファイルに追記する

指定した内容をファイルに追記で書き込む。 途中のフォルダが存在しない場合は自動的に作成する。

引数:
string $fileName ファイル名
string $buf 書き込む内容
戻り値:
boolean public

File.class.php98 行で定義されています。

参照先 write().

関数の呼び出しグラフ:

Maplex_Generate_Util_File::find dirName,
regex = ""
 

指定したディレクトリのファイルリストを取得する

引数:
string $dirName ディレクトリ名
string [$regex] 取得するファイル名の正規表現
戻り値:
array ファイルの配列 public

File.class.php211 行で定義されています。

参照先 ls().

参照元 findRecursive().

関数の呼び出しグラフ:

Maplex_Generate_Util_File::findIncludableFile path  ) 
 

include_pathからファイルを検索し、絶対パスの形で返す 見つからなかった場合はfalseを返す

作者:
Hawk <scholar@hawklab.jp>
から:
3.2.0
戻り値:
String or false

File.class.php47 行で定義されています。

Maplex_Generate_Util_File::findRecursive dirName,
regex = ""
 

指定したディレクトリのファイルリストを取得する

サブディレクトリがある場合は再帰的に取得する

引数:
string $dirName ディレクトリ名
string [$regex] 取得するファイル名の正規表現
戻り値:
array ファイルの配列 public

File.class.php241 行で定義されています。

参照先 find(), findRecursive(), と ls().

参照元 findRecursive().

関数の呼び出しグラフ:

Maplex_Generate_Util_File::ls dirName  ) 
 

ディレクトリとファイルのリストを取得する

返値は配列で、最初がディレクトリの配列、次にファイルの配列となる。 list($dirs, $files) = Maplex_Generate_Util_File::ls($dirname);

引数:
string $dirName ディレクトリ名
戻り値:
array ディレクトリとファイルの配列 public

File.class.php181 行で定義されています。

参照先 _addTail().

参照元 _removeDir(), find(), と findRecursive().

関数の呼び出しグラフ:

Maplex_Generate_Util_File::makeDir dirNames  ) 
 

ディレクトリを作成する。

複数階層のディレクトリを指定した場合に、 途中のディレクトリも自動的に作成する。

引数:
mixed $dirNames 作成するディレクトリ名、またはその配列 public

File.class.php140 行で定義されています。

参照先 _makeDir().

参照元 write().

関数の呼び出しグラフ:

Maplex_Generate_Util_File::read fileName  ) 
 

ファイルを読み込む

ファイルを読み込んで一つの文字列として返す。

引数:
string $fileName ファイル名
戻り値:
string ファイルの内容 public

File.class.php72 行で定義されています。

Maplex_Generate_Util_File::removeDir dirNames  ) 
 

ディレクトリを削除する

指定したディレクトリより下のディレクトリ・ファイルも 自動的に削除する。

引数:
mixed $dirNames 削除するディレクトリ名、またはその配列 public

File.class.php160 行で定義されています。

参照先 _removeDir().

関数の呼び出しグラフ:

Maplex_Generate_Util_File::write fileName,
buf,
mode = "wb"
 

ファイルに書き込む

指定した内容をファイルに上書きで書き込む。 途中のフォルダが存在しない場合は自動的に作成する。

引数:
string $fileName ファイル名
string $buf 書き込む内容
string $mode 書き込みモード
戻り値:
boolean public

File.class.php115 行で定義されています。

参照先 makeDir().

参照元 append().

関数の呼び出しグラフ:


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
Mapleに対してTue Jan 30 08:50:22 2007に生成されました。  doxygen 1.3.9.1