メインページ | ネームスペース一覧 | クラス階層 | 構成 | Directories | ファイル一覧 | 構成メンバ | ファイルメンバ

クラス Response

すべてのメンバ一覧

Public メソッド

 Response ()
 コンストラクター
 getContentDisposition ()
 contentDispositionの値を返却
 setContentDisposition ($contentDisposition)
 contentDispositionの値をセット
 getContentType ()
 contentTypeの値を返却
 setContentType ($contentType)
 contentTypeの値をセット
 getResult ()
 resultの値を返却
 setResult ($result)
 resultの値をセット
 getView ()
 viewの値を返却
 setView ($view)
 viewの値をセット
 getRedirect ()
 Redirectの値を返却.
 setRedirect ($redirect)
 Redirectの値をセット.
 redirect ($redirect)
 redirect先をセット

Public 変数

 $_contentDisposition
 $_contentType
 $_result
 $_view
 $_redirect

コンストラクタとデストラクタ

Response::Response  ) 
 

コンストラクター

public

から:
3.0.0

Response.class.php81 行で定義されています。


関数

Response::getContentDisposition  ) 
 

contentDispositionの値を返却

戻り値:
string contentDispositionの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php97 行で定義されています。

Response::getContentType  ) 
 

contentTypeの値を返却

戻り値:
string contentTypeの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php121 行で定義されています。

Response::getRedirect  ) 
 

Redirectの値を返却.

戻り値:
string redirectの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php193 行で定義されています。

Response::getResult  ) 
 

resultの値を返却

戻り値:
string resultの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php145 行で定義されています。

Response::getView  ) 
 

viewの値を返却

戻り値:
string viewの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php169 行で定義されています。

Response::redirect redirect  ) 
 

redirect先をセット

このメソッドはクラスメソッド

public

から:
3.0.0

Response.class.php218 行で定義されています。

参照先 DIContainerFactory::getContainer().

関数の呼び出しグラフ:

Response::setContentDisposition contentDisposition  ) 
 

contentDispositionの値をセット

引数:
string $contentDisposition contentDispositionの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php109 行で定義されています。

Response::setContentType contentType  ) 
 

contentTypeの値をセット

引数:
string $contentType contentTypeの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php133 行で定義されています。

Response::setRedirect redirect  ) 
 

Redirectの値をセット.

引数:
string $redirect redirectの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php205 行で定義されています。

Response::setResult result  ) 
 

resultの値をセット

引数:
string $result resultの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php157 行で定義されています。

Response::setView view  ) 
 

viewの値をセット

引数:
string $view viewの値 public
から:
3.0.0

Response.class.php181 行で定義されています。


変数

Response::$_contentDisposition
 

Response.class.php41 行で定義されています。

Response::$_contentType
 

Response.class.php49 行で定義されています。

Response::$_redirect
 

Response.class.php73 行で定義されています。

Response::$_result
 

Response.class.php57 行で定義されています。

Response::$_view
 

Response.class.php65 行で定義されています。


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
Mapleに対してTue Jan 30 08:50:23 2007に生成されました。  doxygen 1.3.9.1