付録 G. 著作権表示



この本の内容は、クリエイティブコモンズ Attribution-ShareAlike (表示-継承) ライセンス
によってライセンスされています。
このライセンスのコピーを見るには、http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/ を
見るか、以下の住所に郵便を送ってください[48]。
Creative Commons, 559 Nathan Abbott Way, Stanford, California 94305, USA. 
以下でははじめにこのライセンスの要約を示し、完全な条文がその後に続きます。あなた
がこの本の全部または一部を別の条件で再配布したい場合は、作者に連絡をとってください。
Karl Fogel <kfogel@red-bean.com>

-*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-



あなたは以下の条件に従う場合に限り、自由に:

    * 本作品を複製、頒布、展示、実演することができます。
    * 二次的著作物を作成することができます。



あなたの従うべき条件は以下の通りです。:

    * 表示. あなたは原著作者のクレジットを表示しなければなりません。

    * 継承. もしあなたがこの作品を改変、変形または加工した場合、あなた
      はその結果生じた作品をこの作品と同一の許諾条件の下でのみ頒布する
      ことができます。

    * 再利用や頒布にあたっては、この作品の使用許諾条件を他の人々に明ら
      かにしなければなりません。

    * 著作[権]者から許可を得ると、これらの条件は適用されません。

    * この許諾条件は、原著作者の著作者人格権を損ねたり、制限するもので
      はありません。

-*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-

   Creative Commons Legal Code: アトリビューション—シェアアライク 2.1
                                (帰属—同一条件許諾)

クリエイティブ・コモンズ及びクリエイティブ・コモンズ・ジャパンは法律事務所ではありま
せん。この利用許諾条項の頒布は法的アドバイスその他の法律業務を行うものではありません。
クリエイティブ・コモンズ及びクリエイティブ・コモンズ・ジャパンは、この利用許諾の当事
者ではなく、ここに提供する情報及び本作品に関しいかなる保証も行いません。クリエイティ
ブ・コモンズ及びクリエイティブ・コモンズ・ジャパンは、いかなる法令に基づこうとも、あ
なた又はいかなる第三者の損害(この利用許諾に関連する通常損害、特別損害を含みますがこ
れらに限られません)について責任を負いません。

利用許諾:

本作品(下記に定義する)は、このクリエイティブ・コモンズ・パブリック・ライセンス日本版
(以下「この利用許諾」という)の条項の下で提供される。本作品は、著作権法及び/又は他
の適用法によって保護される。本作品をこの利用許諾又は著作権法の下で授権された以外の方
法で使用することを禁止する。

許諾者は、かかる条項をあなたが承諾することとひきかえに、ここに規定される権利をあなた
に付与する。本作品に関し、この利用許諾の下で認められるいずれかの利用を行うことにより、
あなたは、この利用許諾(条項)に拘束されることを承諾し同意したこととなる。

第1条 定義

この利用許諾中の用語を以下のように定義する。その他の用語は、著作権法その他の法令で定
める意味を持つものとする。

   a. 「二次的著作物」とは、著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、
      または脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作
      物をいう。ただし、編集著作物又はデータベースの著作物(以下、
      この二つを併せて「編集著作物等」という。)を構成する著作物は、
      二次的著作物とみなされない。また、原著作者及び実演家の名誉又
      は声望を害する方法で原著作物を改作、変形もしくは翻案して生じ
      る著作物は、この利用許諾の目的においては、二次的著作物に含ま
      れない。 

   b. 「許諾者」とは、この利用許諾の条項の下で本作品を提供する個人
       又は団体をいう。

   c. 「あなた」とは、この利用許諾に基づく権利を行使する個人又は団
       体をいう。 

   d. 「原著作者」とは、本作品に含まれる著作物を創作した個人又は団
       体をいう。 

   e. 「本作品」とは、この利用許諾の条項に基づいて利用する権利が付
       与される対象たる無体物をいい、著作物、実演、レコード、放送に
       かかる音又は影像、もしくは有線放送にかかる音又は影像をすべて
       含むものとする。 
   
   f. 「ライセンス要素」とは、許諾者が選択し、この利用許諾に表示さ
       れている、以下のライセンス属性をいう:帰属・同一条件許諾 

第2条 著作権等に対する制限

この利用許諾に含まれるいかなる条項によっても、許諾者は、あなたが著作権の制限(著作権
法第30条〜49条)、著作者人格権に対する制限(著作権法第 18条2項〜4項、第19条2項〜4項、
第20条2項)、著作隣接権に対する制限(著作権法第102条)その他、著作権法又はその他の適
用法に基づいて認められることとなる本作品の利用を禁止しない。

第3条 ライセンスの付与

この利用許諾の条項に従い、許諾者はあなたに、本作品に関し、すべての国で、ロイヤリティ
・フリー、非排他的で、(第7条bに定める期間)継続的な以下のライセンスを付与する。ただ
し、あなたが以前に本作品に関するこの利用許諾の条項に違反したことがないか、あるいは、
以前にこの利用許諾の条項に違反したがこの利用許諾に基づく権利を行使するために許諾者か
ら明示的な許可を得ている場合に限る。

   a. 本作品に含まれる著作物(以下「本著作物」という。)を複製するこ
      と(編集著作物等に組み込み複製することを含む。以下、同じ。)
   
   b. 本著作物を翻案して二次的著作物を創作し、複製すること

   c. 本著作物又はその二次的著作物の複製物を頒布すること(譲渡または
      貸与により公衆に提供することを含む。以下同じ。)、上演すること、
      演奏すること、上映すること、公衆送信を行うこと(送信可能化を含
      む。以下、同じ。)、公に口述すること、公に展示すること、
   
   d. 本作品に含まれる実演を、録音・録画すること(録音・録画物を増製
      することを含む)、録音・録画物により頒布すること、公衆送信を行
      うこと

   e. 本作品に含まれるレコードを、複製すること、頒布すること、公衆送
      信を行うこと

   f. 本作品に含まれる、放送に係る音又は影像を、複製すること、その放
      送を受信して再放送すること又は有線放送すること、その放送又はこ
      れを受信して行う有線放送を受信して送信可能化すること、そのテレ
      ビジョン放送又はこれを受信して行う有線放送を受信して、影像を拡
      大する特別の装置を用いて公に伝達すること

   g. 本作品に含まれる、有線放送に係る音又は影像を、複製すること、そ
      の有線放送を受信して放送し、又は再有線放送すること、その有線放
      送を受信して送信可能化すること、その有線テレビジョン放送を受信
      して、影像を拡大する特別の装置を用いて公に伝達すること

上記に定められた本作品又はその二次的著作物の利用は、現在及び将来のすべての媒体・形式
で行うことができる。あなたは、他の媒体及び形式で本作品又はその二次的著作物を利用する
のに技術的に必要な変更を行うことができる。許諾者は本作品又はその二次的著作物に関して、
この利用許諾に従った利用については自己が有する著作者人格権及び実演家人格権を行使しな
い。許諾者によって明示的に付与されない全ての権利は、留保される。

第4条 受領者へのライセンス提供

あなたが本作品をこの利用許諾に基づいて利用する度毎に、許諾者は本作品又は本作品の二次
的著作物の受領者に対して、直接、この利用許諾の下であなたに許可された利用許諾と同じ条
件の本作品のライセンスを提供する。

第5条 制限

上記第3条及び第4条により付与されたライセンスは、以下の制限に明示的に従い、制約される。

   a. あなたは、この利用許諾の条項に基づいてのみ、本作品を利用するこ
      とができる。

   b. あなたは、この利用許諾又はこの利用許諾と同一のライセンス要素を
      含むほかのクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(例えば、この利
      用許諾の新しいバージョン、又はこの利用許諾と同一のライセンス要
      素の他国籍ライセンスなど)に基づいてのみ、本作品の二次的著作物
      を利用することができる。 

   c. あなたは、本作品を利用するときは、この利用許諾の写し又はURI
     (Uniform Resource Identifier)を本作品の複製物に添付又は表示し
      なければならない。

   d. あなたは、本作品の二次的著作物を利用するときは、この利用許諾又
      はこの利用許諾と同一のライセンス要素を含むほかのクリエイティブ・
      コモンズ・ライセンスの写し又はURIを本作品の二次的著作物の複製物
      に添付または表示しなければならない。

   e. あなたは、この利用許諾条項及びこの利用許諾によって付与される利
      用許諾受領者の権利の行使を変更又は制限するような、本作品又はそ
      の二次的著作物に係る条件を提案したり課したりしてはならない。

   f. あなたは、本作品を再利用許諾することができない。

   g. あなたは、本作品又はその二次的著作物の利用にあたって、この利用
      許諾及びその免責条項に関する注意書きの内容を変更せず、見やすい
      態様でそのまま掲載しなければならない。 

   h. あなたは、この利用許諾条項と矛盾する方法で本著作物へのアクセス
      又は使用をコントロールするような技術的保護手段を用いて、本作品
      又はその二次的著作物を利用してはならない。 

   i. 本条の制限は、本作品又はその二次的著作物が編集著作物等に組み込
      まれた場合にも、その組み込まれた作品に関しては適用される。しか
      し、本作品又はその二次的著作物が組み込まれた編集著作物等そのも
      のは、この利用許諾の条項に従う必要はない。

   j. あなたは、本作品、その二次的著作物又は本作品を組み込んだ編集著
      作物等を利用する場合には、(1)本作品に係るすべての著作権表示を
      そのままにしておかなければならず、(2)原著作者及び実演家のクレ
      ジットを、合理的な方式で、(もし示されていれば原著作者及び実演
      家の名前又は変名を伝えることにより、)表示しなければならず、
      (3)本作品のタイトルが示されている場合には、そのタイトルを表示
      しなければならず、(4)許諾者が本作品に添付するよう指定したURI
      があれば、合理的に実行可能な範囲で、そのURIを表示しなければなら
      ず(ただし、そのURIが本作品の著作権表示またはライセンス情報を参
      照するものでないときはこの限りでない。)(5)二次的著作物の場合
      には、当該二次的著作物中の原著作物の利用を示すクレジットを表示
      しなければならない。これらのクレジットは、合理的であればどんな
      方法でも行うことができる。しかしながら、二次的著作物又は編集著
      作物等の場合には、少なくとも他の同様の著作者のクレジットが表示
      される箇所で当該クレジットを表示し、少なくとも他の同様の著作者
      のクレジットと同程度に目立つ方法であることを要する。 

   k. もし、あなたが、本作品の二次的著作物、又は本作品もしくはその二
      次的著作物を組み込んだ編集著作物等を創作した場合、あなたは、許
      諾者からの通知があれば、実行可能な範囲で、要求に応じて、二次的
      著作物又は編集著作物等から、許諾者又は原著作者への言及をすべて
      除去しなければならない。

第6条 責任制限

この利用許諾の両当事者が書面にて別途合意しない限り、許諾者は本作品を現状のまま提供す
るものとし、明示・黙示を問わず、本作品に関していかなる保証(特定の利用目的への適合性、
第三者の権利の非侵害、欠陥の不存在を含むが、これに限られない。)もしない。

この利用許諾又はこの利用許諾に基づく本作品の利用から発生する、いかなる損害(許諾者が、
本作品にかかる著作権、著作隣接権、著作者人格権、実演家人格権、商標権、パブリシティ権、
不正競争防止法その他関連法規上保護される利益を有する者からの許諾を得ることなく本作品
の利用許諾を行ったことにより発生する損害、プライバシー侵害又は名誉毀損から発生する損
害等の通常損害、及び特別損害を含むが、これに限らない。)についても、許諾者に故意又は
重大な過失がある場合を除き、許諾者がそのような損害発生の可能性を知らされたか否かを問
わず、許諾者は、あなたに対し、これを賠償する責任を負わない。 

第7条 終了

   a. この利用許諾は、あなたがこの利用許諾の条項に違反すると自動的に
      終了する。しかし、本作品、その二次的著作物又は編集著作物等をあ
      なたからこの利用許諾に基づき受領した第三者に対しては、その受領
      者がこの利用許諾を遵守している限り、この利用許諾は終了しない。
      第1条、第2条、第4条から第9条は、この利用許諾が終了してもなお有
      効に存続する。

   b. 上記aに定める場合を除き、この利用許諾に基づくライセンスは、本
      作品に含まれる著作権法上の権利が存続するかぎり継続する。

   c. 許諾者は、上記aおよびbに関わらず、いつでも、本作品をこの利用許
      諾に基づいて頒布することを将来に向かって中止することができる。
      ただし、許諾者がこの利用許諾に基づく頒布を将来に向かって中止し
      た場合でも、この利用許諾に基づいてすでに本作品を受領した利用者
      に対しては、この利用許諾に基づいて過去及び将来に与えられるいか
      なるライセンスも終了することはない。また、上記によって終了しな
      い限り、この利用許諾は、全面的に有効なものとして継続する。 

第8条 その他

   a. この利用許諾のいずれかの規定が、適用法の下で無効及び/又は執行
      不能の場合であっても、この利用許諾の他の条項の有効性及び執行可
      能性には影響しない。 

   b. この利用許諾の条項の全部又は一部の放棄又はその違反に関する承諾
      は、これが書面にされ、当該放棄又は承諾に責任を負う当事者による
      署名又は記名押印がなされない限り、行うことができない。 

   c. この利用許諾は、当事者が本作品に関して行った最終かつ唯一の合意
      の内容である。この利用許諾は、許諾者とあなたとの相互の書面によ
      る合意なく修正されない。

   d. この利用許諾は日本語により提供される。この利用許諾の英語その他
      の言語への翻訳は参照のためのものに過ぎず、この利用許諾の日本語
      版と翻訳との間に何らかの齟齬がある場合には日本語版が優先する。

第9条 準拠法

この利用許諾は、日本法に基づき解釈される。

本作品がクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき利用許諾されたことを公衆に示すと
いう限定された目的の場合を除き、許諾者も被許諾者もクリエイティブ・コモンズの事前の書
面による同意なしに「クリエイティブ・コモンズ」の商標若しくは関連商標又はクリエイティ
ブ・コモンズのロゴを使用しないものとします。使用が許可された場合はクリエイティブ・コ
モンズおよびクリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイト上に公表される、又はその他
随時要求に従い利用可能となる、クリエイティブ・コモンズの当該時点における商標使用指針
を遵守するものとします。クリエイティブ・コモンズは http://creativecommons.org/から、
クリエイティブ・コモンズ・ジャパンはhttp: //www.creativecommons.jp/から連絡すること
ができます。



[48] 元々本書は クリエイティブコモンズ Attribution ShareAlike 3.0 に基づいてライセンスされていたが、2009年2月17日現在 日本で最新とされていた 2.1 でも OK との許可を著者から頂いた。よって、ここでは バージョン 2.1 の日本語版を掲載している。http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/ も参照すること。